第8回阪急納涼囲碁まつり 2018 in 大阪

2018年8月13日(月)、8月14日(火)にホテル阪急インターナショナルで行われた「第8回阪急納涼囲碁まつり 2018 in 大阪」の2日目に行ってきました。

low_9106
本当は1日目も行きたかったのですが、家庭の事情で断念。

low_9099

今回はメインステージでのイベントのみ撮影させて頂きました。
他のイベントはどうしてもお客さんが写ってしまうため、取材でもないのに無断で撮るのはちょっと…ということで (公開の際はボカシを入れますが、撮影されることそのものを嫌がる方もおられます)。来年は許可を頂いて撮影したいと思います。

low_0032

納涼トーナメント第1局の対局者入場。伊田篤史八段、瀬戸大樹八段。

low_0034

解説の石田篤司九段、聞き手の星合志保二段。

low_0041

low_0047

両対局者の意気込み。瀬戸先生は「伊田先生は今とても幸せなので、優しくしてほしい」と笑いを取っていました。

low_0053

low_0072

盤に向かうと先ほどの笑顔が嘘のように勝負師の顔に。

low_0054

low_0060

石田先生と星合先生。星合先生の浴衣がかわいいです。

low_0163

伊田先生負けちゃったんですが、ご自宅に入れるのでしょうか。心配です。

low_0181

勝たれた瀬戸先生。嬉しそうです。

low_0233

古家正大四段のお昼の講座。これが終わったら昼食を摂ろうと思っていたのですが、なぜか先生ノリノリで、次のプログラムまでお話されるつもりのようだったので、途中で離脱して食事しに行きました。講座の内容は私ぐらいの級位者が聴いてちょうど良さそうだったので残念です…。

low_0239

納涼トーナメント第2局の対局者入場。井山裕太六冠。

low_0244

芝野虎丸新人王・竜星。

low_0257

解説の石井邦生九段と万波奈穂扇興杯。

ところでなぜか目が合っちゃってる写真が多いのですが、多分これのせいですね…。

201810052250

カメラが完全にオマケみたいになっちゃってる「バズーカ望遠レンズ」です。
そりゃこんなので撮ってる人がいたら目が点になりますよね…(笑)。

low_0277

両対局者の意気込み。
井山先生はいつの間にか暴君みたいなキャラになってて、後輩をいびっていました(笑)。

low_0291

虎丸先生はマイクを両手で持って、小指を立てていて可愛かったです。

low_0334

エアコンが効いてて乾燥しているのか、いきなり水を飲む井山先生。

low_0380

相変わらず素敵な石井先生。

low_0389

阪急囲碁まつり恒例(?)の、「どちらを応援しているかアンケート」。挙手で答えるのですが、「井山先生を応援している人!」の声ですかさず顔を上げ見回して、手が沢山挙がっているのを見て嬉しそうな井山先生。

low_0421

井山先生は動きが多いのですが、虎丸先生は表情も変わらない上にポーズも殆ど変わりません。強いのは嬉しいのですが、カメラマン泣かせの棋士です…(笑)。

low_0441

聞き手の万波先生。リボンの「扇興杯」が輝いています。おめでとうございます。

low_0628

井山先生の扇子は何だろうと思っていたら、「第四十回 棋聖戦記念」と書かれているようです。

low_0694

low_0749

こういうポーズもいいですねえ。

low_0826

前のめりになって読み耽っています。

low_0853

スポットライトで暑いのでしょうか、扇子ぱたぱた。

low_0860

対局中の棋士は殆どずっと俯いているので、上を向いて考えているポーズは貴重ですね。

low_1076

ネクタイの剣先をぺらぺらと弄っています。

low_1146

虎丸先生の背中も。会場が暗く、絞り全開なのでボケています。ごめんなさい。

low_1154

low_1294

指が美しい。

low_1602

もしかして扇子って美味しいのでしょうか…。

low_1614

当日のベストショット。

low_1691

椅子の袖などに阻まれて、どう頑張っても着手の瞬間が撮れず苦労しました。
ここから更にステージ側に回り込もうとすると、ケーブル類に足を引っかけそうで、怖くて回り込めなかったです。

low_1720

low_1728

虎丸先生の中押し勝ちでした。

low_1757

家に帰ってチェックしていて、どきっとした一枚。
非公式の公開対局でも、負けるととても悔しい。

low_1771

虎丸先生はマイクを両手でお持ちになる仕様のようです。

low_1805

ようやく笑顔が戻ってきて、「石井先生が解説でもう少し教えてくださると思っていたのに、あんまり教えてくれなかった」。石井先生も「井山先生にあんまり偉そうなことを言うといけないと思って」。会場爆笑。

low_1807

ご結婚されてますます美しい奈穂先生。

low_1943

あああもう少し絞ればよかった…って感じですが、師弟の雰囲気がとてもよかったので。石井先生ごめんなさい。

low_1955

反対側に回って笑顔を狙ったのですが、なかなか笑って下さらず…。でもこれはこれで凛々しいですね。

low_1830

石井先生、実は密かに「絵になるな…」と目をつけていたりします。かっこいいです。

low_9133

続いてお楽しみトークタイム「井山裕太七冠を倒すのは誰だ?」。
直前の碁聖戦で井山先生が碁聖位を失われたので、テーマを変更するのかと思いきや、そのまま同じテーマでトークに突入。誰もが「えええ…」と思う中、無理やりトークは続きます…。

low_2091

許家元碁聖には巧妙に触れずに(?)、AIや普段の研究方法などについて。
途中伊田先生と万波先生が夫婦喧嘩しそうになったり、井山先生が伊田先生を囲碁界から追放したりして、撮影しながら笑いを堪えるのが大変でした。

low_2416

「では、最後に、井山先生を倒すのは誰か、なんですけど」 (うわー…)
ここで今まで殆ど喋らなかった虎丸先生が突然「許先生が倒したからいいんじゃないですかね…」
井山先生「この30分のトーク、何だったんでしょうね」
だからテーマを差し替えろとあれほど!!

low_2428

ここで後藤俊午九段による挨拶。「最近東京の囲碁まつりのほうが面白くなってしまい、お笑いの本場関西としては負けていられないので、来年からもっと面白くします」の言葉に会場から割れんばかりの拍手。
ていうか後藤先生の真面目な顔を久しぶりに見た気がします。ついさっきまで私のことを「うわー佐治さんかっこええわー」とからかっていた人とは思えない…(笑)。

low_2439

low_2441

納涼トーナメント決勝戦。対局者の瀬戸先生と虎丸先生。

low_2445

解説者の伊田先生と星合先生。伊田先生の結婚指輪が真新しくてピカピカです。末永くお幸せに。

low_2452

low_2454

両対局者の意気込み。瀬戸先生は「連覇したいし、先輩の顔を立ててくれるよね」みたいなことを仰って笑いを取っておられました。虎丸先生は「頑張ります…」の一言で終わってしまいました。短い(笑)。

low_2463

low_2484

決勝戦は殆ど動きのない二人になってしまいました。カメラマンとしては辛い…(笑)。

low_2485

low_2460

解説と聞き手のお二人。

low_2519

low_2622

横構図でも撮ってみました。このお二人、表情も殆ど変わらない…。つら…(笑)。

low_2618

low_2578

解説が伊田先生から井山先生に交代。井山先生によると、虎丸先生と志田先生の対局は、盤に石を置く音すらしないので、最も記録係泣かせの対局なのだそう。

low_2709

low_2720
終局。この時だけは残酷さにたじろぎますが撮らねばなりません。

low_2752

優勝者の虎丸先生に賞金の授与。このあと後藤先生は「どこに預けるの?」と訊いて虎丸先生に無理矢理「ゆうちょ銀行」と言わせていました。

low_2764

続いて準優勝者の瀬戸先生。後藤先生に使い道を訊かれた瀬戸先生は「10ヶ月の子供がいるのでおもちゃを買ってあげようと思います」と素敵なパパぶりを披露していました。ていうか後藤先生の目が怖いです…(笑)。

イベントはこれで終わりですが、他にも、星合先生が「もしかして佐治さんですか?」と声を掛けてくださったり、虎丸先生にご挨拶したら「Twitter見てます」と言われて崩れ落ちそうになったり、売店で売り子をしていたフォロワーさんにグッズを売りつけられたり(笑)、フォロワーさんとご挨拶したりと大忙しで楽しかったです。来年からもっと面白くなるそうなので、期待しています!

flickr のアルバムは こちらlow_1614

Advertisements

第54期 十段戦 第一局 @大阪商業大学

息子が生まれて、0歳の時は乳腺炎で熱が出て見に行けず、1歳の時はベビーカーを押して行ったものの、ほんの10分ほどでぐずり出してあえなく退散、ということで2歳の時に息子と一緒に行きました。カメラに興味を持って触ろうとするので、変な写真ばかりになってしまいましたが、最後のほうは諦めたらしくおとなしく待っていてくれたので撮影に専念できました。

35mm標準マクロなので「遠いなー(笑)」って写真も交じってますがお許しを。

詳しいデータは こちら

IMG_1851IMG_1852
IMG_1854IMG_1869

終局し、検討が始まった模様です。

IMG_1885

多分「次の一手クイズ」の当選者発表だと思います。

IMG_1894

まさかのスキャンダル写真…ではなくて、私が息子を連れているのを見て、坂井先生と吉田先生が「折角だからお子さんと一緒の写真を撮りましょう」とステージに上げてくださいました。
でもその前に息子がカメラをいじってマニュアルモードになっていてブレブレに…orz
撮ったあと両先生「参観日の写真みたいになりましたね」「私らの子供みたいになっちゃいましたね」で笑いを取ってて、完全に大阪のノリでした(笑)。

IMG_1898IMG_1899

両対局者が大盤解説会場に。

IMG_1900IMG_1903
IMG_1905IMG_1910
IMG_1911

こういう表情が撮れた時がたまらなく嬉しいです。

IMG_1913IMG_1914

この頃は絵の資料という意味合いが強かったので、なるべく全身を入れて撮るように心がけていたのを覚えています。

flickr のアルバムは こちら

第50期 十段戦 第一局 @大阪商業大学

初めまして、佐治るみ子と申します。囲碁棋士の絵を描きたくて撮影しているうちになんだかカメラマンっぽくなってきちゃったので、営業を兼ねてブログを開設してみました。最初の方は機材も貧弱だし写真も下手なのでお見せするのが恥ずかしいレベルなのですが、一応載せておきます。
ずいぶん前から振り返っていくので、今ごろ何をと思われるかもしれませんがお付き合いください。

この頃は35mmの標準マクロレンズしか持っていなくて(なんとカメラマンを名乗っているくせにカメラはAPS-Cという貧弱さ…)、大勢のお客様がおられる中、被写体に寄って撮る勇気もなくて、いかにも下手くそ写真です。恥ずかしいのでサムネイルだけ並べておきます。クリックすると全体が見られます。

一緒に見に行った囲碁教室の方が「次の一手クイズ」で扇子を貰ったので撮らせて頂いたのが唯一の自慢かも(自慢するとこ、そこ!?)。

詳しいデータは こちら
flickr のアルバムは こちら


IMG_0710IMG_0711IMG_0712IMG_0713IMG_0714IMG_0715IMG_0716IMG_0717IMG_0718IMG_0719IMG_0720IMG_0721IMG_0722IMG_0723IMG_0724IMG_0725IMG_0726IMG_0727IMG_0728IMG_0729IMG_0730IMG_0731IMG_0732IMG_0733IMG_0734IMG_0735IMG_0736IMG_0737IMG_0738IMG_0739IMG_0740